HOME今日の運勢館 現在:PC版スマホ版へ移動
占いの話

占いとは何?



 占いはいろいろな方法によって、人の心の中や、人の過去、人の未来など、直接的には決して計り知ることのできないものについて、覗き見し、判断し、鑑定する方法です。

 占いでは、人が関わりあう事柄を推察したり、何か重要な決断をするときなどに使います。

 時間や事象、方位などを基本にして鑑定することが多いです。

 占いには、「命術」「卜術」「相術」という3つの基本的な占術があり、これらを単独に、あるいはバランスよく組み合わせて行われます。

 占いは人生を正しく、健やかに生きるための道しるべです。信じ過ぎることなく、自分を見つめることに活用します。今の自分に悪い点があったら、それを正すチャンスと捉えるのがいいです。

 どうしても一生に一度の重大な決心しなくてはいけないなど、どうしたらいいか人生に迷ったときに、最後の一押しとして占いを活用するのもいいです。

 迷っていつまでも何もしないでいたら、大切なチャンスを無くしてしまうかも知れません。ライバルに先を越されるかも知れません。さあ、迷ったなら、その時こそ占いを信じて正しい決心をしましょう。

今日の運勢占いの話森羅万象偉大な国アメリカ空白
 
占いは当たるの?占いの種類占いのテクニック占いの活用法命術(命の占い)
卜術(卜の占い)相術(相の占い)医術山術占星術
 
概略内容
 占いにはとても多くの種類があり、しかも複雑怪奇でよく理解しがたいのですが、この〔占いの話〕のコーナーでは、占いの種類や活用法などを説明しています。

 また、占いには一種の騙しのテクニックが知られていて、あたかもその占いが的中しているように見せかけることがあります。この〔占いの話〕のコーナーでは、そのような騙しのテクニックが存在すること、どんな方法で騙しのテクニックが悪用されるのかなどを紹介しています。


占いとは何? 占いとは一体何者なのか考えてみる。
占いとは何か  何の情報もなしに、ひとの運命や未来は直接見ることなどできる筈もありません。

 しかし、占いは様々な方法や手段によって、ひとの心の中を覗き見し、そのひとの未来や運命、ときには過去の出来事などを鑑定することをいいます、また、その鑑定の方法自体をも占いといいます。

 「占い」は、ときに「卜占(ぼくせん)」や「占卜(せんぼく)」とも呼ばれます。

 先に述べたように、占いには「命術」「卜術」「相術」という3つの基本的な占術があり、これらを単独に、あるいはバランスよく組み合わせて行われます。

 これらの詳しい意味や方法はこのコーナーの別ページでご覧いただけますが、簡単には次のような方法です。

占いの基本占術
命術  命術(めいじゅつ)は、生年月日・時刻や、生れた場所などから、その人の生来の性質・傾向・人生の流れなどを占います。

 推命とも呼ばれ、四柱推命・星座占い・占星術・西洋占星術・誕生日占い・属性占いなどのものがあります。

卜術  卜術(ぼくじゅつ)は、時間や事象、方位などを基本として、ひとが関わる事柄を占ったり、何か重大な決断をするときなどに占います。

 サイコロやタロット、易、コインなど、偶然性の結果とシンクロさせて、何が起こるか、何を選んだらよいか、何時実行したらよいか、どの方角にすればよいかなどを決定します。偶然性の占いなので、行う度に結果がことなります。短期間につづけて卜占を受けるとよくないとされます。

 断易・コイン占い・ルーン占い・タロット占い・ジプシー占い・ダイス占術・水晶占い・おみくじ・あみだくじ・辻占い・花びら占い・えんぴつ占いなど多くの方法があります。

相術  相術(そうじゅつ)は、具体的に目に見える対象物の姿や形により、現在の、人への影響や吉凶などをみる占いです。手相、人相、風水、家相などからその性質や問題点などをいい当てます。

 姓名判断や手相占い・人相占い・印相占い・名刺相占い・夢占い・風水・家相・墓相など多くの占いが相術の占術に属します。


占い師  占いの鑑定を行う人を「占い師」「占い鑑定師」「易者」「卜者(ぼくしゃ)」などと呼びます。

 占いをする方法などによっても、特定の呼び方をされる占い師もあります。たとえば、手相を見て占いをする占い師は「手相家」、ひとの顔を見て占いをする占い師は「人相家」と呼ばれます。

 更に、家の方位や地相などの「家相」によって占いをする占い師は「気相家」と呼ばれます。

 尚、占いをしてもらう「お客」からは、占い師は「先生」と呼ばれるのが普通です。

占いの活用法  占いには非常に多くの種類があるのですが、ひとつだけ確かなことは、何の前提情報もない状態で個人の運命や未来を予測・予想・予言したりすることなど到底不可能だという事実です。

 人は生れた年月日などで全てが決まるなどということは決してありません。もしも、そのようなことが起こるなら、同じ日に生れた人たちは全て同じ人生を歩み、同じ運命に遭遇してしまうことになります。

 占いは、いろいろな方法で鑑定されますが、占いは「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の世界であることを忘れてはいけません。占いの結果を絶対のものと過信してはいけないのです。

 しかし、では何故、ひとは占いをするのでしょうか。ひとは誰でもよい人生を歩みたい、活力のある一生を過ごしたいと願います。そうなるための、ひとつの羅針盤として占いを捉えることができます。

 占いは、ときに人生に反省の機会を与えてくれ、ときに勇気付けてくれます。占いの結果は、人生の転換期などに、最も適する方針づけをするために活用するのです。

 嬉しい鑑定がでたら、勇気付けられ活発に、前向きに活動するとよいです。また、好ましくない結果がでたら、自分を律して危険を避け、よりよき未来を作るために気をつけるべきものとして、占いの結果を参考にするのがよいのです。

 それにより、この一年、このひと月、今日一日、ひとつだけよい運に巡り合えるのです。