HOME今日の運勢館 現在:PC版スマホ版へ移動
今日の運勢占いの話占いの種類占いのテクニック森羅万象
サイト情報  
占いの種類

〔占い種類〕

 

 古来よりの占いには、次のような五術と呼ばれるものがあります。

 ・命術(命の占い)
 ・卜術(卜の占い)
 ・相術(相の占い)
 ・医術
 ・山術

 最近の占いでは、主に最初の三つ〔命術〕や〔卜術〕〔相術〕が行われ、目的に応じて単独で、あるいは組み合わせて使い分けられます。


 巷でよくいわれる「星占い」や「おみくじ」「風水」などもみなこれらのどれかの流れを汲む占いの一種です。

 占いには非常に多くの種類があるのですが、ひとつだけ確かなことは、何の前提情報もない状態で個人の運命や未来を予測・予想・予言したりすることなど到底不可能だという事実です。

 占いは「当たるも八卦、外れるも八卦」の世界であることを忘れてはいけません。しかし、占いによって迷っている心を鎮めたり、大事な決断をしたり、励まされたりすることもできますから、占いの良い面を活用するのがよいのです。



占いの種類 〔占いの種類〕にはこんなに多くのものがある。
命・卜・相

 占いは「命(めい)」「卜(ぼく)」「相(そう)」という三つの種類に分かれ、占い師は、占いの目的に応じてこれらを単独で、あるいは組み合わせて占いを行うのが普通です。

命・卜・相による占い
命の占い

 命(めい)の占いは、「命術」と呼ばれ、ひとの生まれ持った宿命・性質・傾向・人生の流れを見る占いです。

 ひとの変化しない性質を見る占いであり、毎回答えは変わることがありません。現実的には、命の占術は人の生年月日時などで行います。時間を元に吉凶や要素、可能性などを見ます。

 命の占いは、生まれながらに与えられている宿命と運命を読むことであり、進むべき道を探ることを目的とします。

 命の占いには、四柱推命・星座占い・占星術・数秘術・陰陽祐気学・算命学・誕生日占い属性占いなど多くの種類があります。

卜の占い

 卜(ぼく)の占いは、「卜術」と呼ばれ、人が関わりあう事柄や事件などの事象を占うもので、時間や事柄・方位などを基本にして占い、何かを決断するときに使われます。

、卜の占いは、今展開している運命を読むことであり、過去の過ちを知り、今後のよりよい運命の切り開く道を探ることを目的とします。

 卜の占いには、周易・断易・銭占(コイン占い)・タロット占い・ジプシー占い・ダイス占術・水晶占い・御神籤(おみくじ)・阿弥陀籤(あみだくじ)・辻占い・花びら占い・えんぴつ占いなど多くの種類があります。

相の占い

 相(そう)の占いは、「相術」と呼ばれ、目で見える対象の姿や形により、ひとへの影響や吉凶を占います。

 相の占いには、姓名判断・手相占い・人相占い・印相占い(印鑑占い)・名刺相占い・夢占い・風水・家相・墓相などがあります。


占いの五術
「命・卜・相・医・山」

 命・卜・相による三つの占いに、「医(い)(医術)」および「山(さん)(山術)」というものを加えて「五術」という機能面からの方法で占うこともあります。

 ここで「医」は漢方などに通じる「医術」であり、「山」とは、肉体的および精神的な鍛錬を指しています。

医術と山術
医術

 医による病気の治療を医術と呼びます。具体的には漢方薬の方剤、針灸などの医療的な技術です。

 漢方では、病気を解明するために、証(しょう)という概念を用います。そして、その状態に合わせて方剤が調合されるのです。

山術

 山術は、人の呼吸法や動作などを鍛錬、訓練することで、人間性をより高峯の姿に完成することをいいます。

 天丹法・地丹法・符呪法など多くのやり方があります。

 このように五術は、機能面からの分類ですが、方法論的な分類として「六大課」と呼ばれる術があります。「太乙神数」「奇門遁甲」「六壬神課」「河洛易数」「星平会海」「宿曜演禽」という六種の術数を、五術六大課といいます。